Yamato Nadeshiko Shichi Henge Opening 1
Yamato Nadeshiko Shichi Henge Opening 1
Live-Pinko De Mayo-Concert
Live-Pinko De Mayo-Concert
ORLANDO BLOOM HATES JOHNNY DEPP! WATCHHHHH
ORLANDO BLOOM HATES JOHNNY DEPP! WATCHHHHH
中学生日記
中学生日記
親子ゲーム(1986) 最終話 2/5
親子ゲーム(1986) 最終話 2/5
Robot Anime History 1981-1982 (6/13) Voltron-Xabungle
Robot Anime History 1981-1982 (6/13) Voltron-Xabungle
ヤダモンOP&ED
ヤダモンOP&ED
真・三國無双マルチレイド体験版(マルチプレイ)
真・三國無双マルチレイド体験版(マルチプレイ)
Pug Puppies 4 Weeks Old
Pug Puppies 4 Weeks Old




Pug Shots (Delux Notecards)
パッケージ(ボックス型になってます)のパグちゃんもカワイイですね。
中は、パグちゃんカードになっています。
あの、自分で書いて(描いて)封筒に入れて送るタイプのです。
贈り物にも、ご自分で使用されるのも、飾っておくのもいい感じです。
パググッズコレクター必見!

 

真・三國無双 MULTI RAID(マルチレイド)
無双シリーズはかなりやりこんでいるつもりです、過去の無双と比較してみました。

良い点
・ビックリするくらい動きが滑らか
・武将関係なく色んな武器を装備出来る
・アイテムを持ち込めるので回復は楽
・何回か死んでも途中から生き返れる

悪い点
・各ステージの経験値が少ないのでレベル上げがかなり大変
・戦場に自分以外の味方がいなく全敵が一気に狙ってくる
・マップがエリア移動なので広大な戦場という感じがしない
・攻撃するヒマがないくらい敵が理不尽に強すぎ&多すぎで常にハメ技状態

総評
1人プレイではLV高くても1章すらしんどい、オンライン向けです。

 

Unlovable
ズングリムックリしたパグ犬が、カラフルな花に囲まれたインパクトある
表紙。加えてこのタイトルとくれば、よまずにいられませんね。

他の犬、猫、鳥、おまけに金魚からもダサいぬよばわりされる
パグ犬のアルフレッド。塀越しで姿が見えないのをいいことに、
ウソの自己紹介をしてしまうシーンは、ボクもおもわずキュンときました。

外見のコンプレックスとどう付き合うかは、人間でも悩む問題。
この本では、他者を受け入れることで、自然に自分自身も受け
入れられるようになる姿がうまく描かれているなと思いました。

一つ気になるのは、飼い主との関係はどうなのかということ。
アルフレッドを、かわいがってくれなかったのかな?

 

真・三國無双5 武器ミュージアム BOX
ホビー誌でどんな物か見ました。
見た感じはかなり良いと思いました(*^ー^)ノ
サイズとかは覚えてないですが、ラインナップとしては、関羽の「青龍エン月刀」とか、甘寧の「翼翔」など。夏侯惇とか呂布とか、曹操もあったかな…
楽しみではありますが、何か裏がありそうな気がする(4のレビューみたいに剣がひん曲がってるとか…)という事で、一応★は4つ。
期待は出来ると思います(^_-)

 

真・三國無双5 Empires
 PS2の三國無双3以来の光栄の無双シリーズですので、無双シリーズをずっとプレイされてきた方とは少し感想が違います。
 まず、私自身が「エンパイア」の初プレイである事が比較的高評価の理由の大きな割合を占めており、武器収集の隠し要素に疲れたオジサンプレーヤーが復帰に選んだ作品としては若干重たさを感じる作業的要素が多いので、星四つとしました。
 グラフィックの美麗さやモーションの取り込みは、幸いな事に私の経験が3で止まっていた事で非常に目新しく、国盗り要素と三國無双の取り合わせがとても楽しく感じられました。
 更に、これは個人的嗜好ですが、やりこみ要素、つまり武器や技や武将やイベントを次々と収集あるいは経験させてレベルを上げながら強くしていく事をそう表現していますが、それが大好きなので、サルのようにやりこんでしまいます。
 しかし、もう若くないので、視点をクリクリ変えたり機敏な操作や連打などは衰えており、以前のようにサクサクこなして思い通り達するのが少々辛く感じられ、いわゆる「作業」、経験値貯めや金稼ぎの事ですが、が重荷に感じられる部分もあって、その分が星一個分相当と判断しました。
 1本のソフトで長く遊ぶのが好きな方にはうってつけのやりこみ度合の深い良いゲームだと思いますが、無双シリーズをやり尽くしてきた方、攻略・クリアを命題として短期集中で遊ぶ傾向の方、ストレス発散の純粋なバッサリゲームを求める方、戦略性を重視される方、高い自由度を求められる方、などには若干から相当の幅を持ってご不満を抱かれる可能性があると感じましたので、暇を見つけてはチョイチョイプレイされる方、自分の頑張りがCOMを助ける事に満足を覚える方、キャラのカスタマイズが好きな方、光栄のゲームに寛容な方、費用対効果(やりこみ度やボリューム等)をソフトに求める方、などの性向であれば比較的楽しめると思います。
 フルハイビジョンTV(モニター)をお持ちの方ならば、グラフィックの綺麗さは十分にPS3の素晴らしさを体験出来る高水準のゲームだと思います。
 それにしても、反応速度や機敏さ、根気や持続力、つくづく自分の衰えを感じさせられてしまいましたが、それでもやりたくなる魅力を持つゲームです、さすがは光栄、もとい、コーエーなのでしょうか。
 もうちょっとオジサン向けのゆったり「無双」も出して下さい、コーエーさん。

 

slow(初回限定盤)(DVD付)
原作者が大ファンということで決まったアニメ「ヤマトナデシコ七変化」の主題歌。
ジャケットがラグジュアリーでカッコいいです。

この曲はとにかく『EVERYTHING』と同じく清春さんのボーカル+アコギから始まるアレンジが最高ですよ。
マニアックにいうとイントロのブレス〜Ahの出だしでもうヤラレます。
穏やかで明るい曲なんですがどこか翳りも感じられて、清春さんならではのポップロックだと思います。
近年の清春作品の傾向でもありますが
聴き手次第でラブソングであったり家族愛であったりする大きな愛の歌詞も魅力で
恭平とスナコの心情として聴いてみるのもおもしろいかもしれません。
清春さん本人も今までのなかでも5本の指に入るポップソングと語っていました。

それと清春さんのカップリング曲は「アルバムに決して入れない」「ハズレがない」「ライブで重要になる」ことで有名ですが
『cry'n 』も肩の力の抜けた、それでいて味のある逸品です。

ちなみに通常盤には『官能ブギー』のなかでも人気のあった
『my love』完全アレンジバージョンが入っているのでお好みでどうぞ。

 

ヤマトナデシコ七変化 20 (講談社コミックスフレンド B)
今回のヤマナデはかなり自分的に面白かった↑
最近はマンネリ化して…でも今回のお話は20巻とゆうこともあり(?)スナコがイキイキしていて良かった(笑)
相変わらず今回も妄想がまた暴走して(笑)
ちなみに王子の顔が最後まで出なかったのが残念。またこのキャラでないかなぁ

 

ニッポンの廃墟
日本全国200ヵ所の廃墟が紹介されていて、情報量はかなりのもの。
意外に写真も多く掲載され、用語事典やインタビューなど読みごたえあり充実の内容です。
マップも載っているので、廃墟好きならこの本を持って廃墟巡りに出掛けたくなります。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち【日本語吹替版】 [VHS]
つい、目がスパロウ船長を追ってしまい、何回も観ちゃいました。
娯楽映画といわれるとそれまでかもしれませんが、
ミッキー走りをするスパロウ船長とか、海の中を行進する海賊とか、映像も良くて大好きです。

話自体は、「あれ?」と思ったこともありましたが…まあ、ディズニーだから(笑)


 

トロイ ディレクターズ・カット [Blu-ray]

このBD版はそれより画質もよくなり、追加されたシーンも納得のいく出来です。
内容も、ここ何年間のハリウッド映画の中では、かなりよく出来たほうだと思います。

星四つは十分あげられるという前提の下、すこし不満を言いますと;


一般的に注意すべき(?)所は・・・そうですね。あまり無いとは思いますが
戦のシーンが残酷になっている所と、ちょっと長い(190分オーバー)所ですかね。

あと音楽が変更されていますが、正直、よくなったのかどうか判りませんね。

アキレスがへクターを刺したときのあの「エ〜エエ〜」という音楽も
変更されて無くなっていました・・・あれは気に入ってたんですが。